相場が加速する前のサインを素早く捉えるボリンジャーバンドの使い方とは?

値動きの変化を少しでも早く捉えられる具体的な方法はあるのでしょうか?

実はマーケットが向きを変える前に見せる予兆があります。それは加速度の変化です。

自動車でもコーナーに入る前には減速します。同じように相場も向きを変える前にはスピードを落とし、そこを抜ければ加速します。つまり値動きの加速度の変化を捉えられれば、来る変化から新しいチャンスを掴み取ることができます。

この加速度の変化をチャート上に目に見える形で表示をしてくれるツールこそ、ボリンジャーバンドなのです。

世間一般ではボリンジャーバンドを、レンジ相場で逆張りするためのダマシが多い時代遅れのインジケータ。しかも標準偏差などという、およそマーケットとは似つかわしくない変なツールというレベルの認知しかありません。

もちろん走り始めたら止まらなくなる機関車のような性格を持つ相場を、一定のバラつきの中に収まる前提で分布が決まる標準偏差で捉えられるはずはありません。

なぜそんなミスマッチをあえて活用して使い始めたかといえば、それは相場が新しい局面に入ったことを視覚的に確認するためなのです。

ツールを表面的な道具として使うのではなく、その狙い・成り立ちを知れば全く違うマーケットの声を聞くことができます。

変化の予兆を、他のプレイヤーより早く捉え、あなたの一生の武器にする方法がどのようなものなのかを、見ていきましょう!

このページで紹介する内容

  • 相場の方向より先に変化するモメンタムを捉える
  • ブレークアウトの真偽が判断できる
  • 欧米トレーダーの必須ツール!

ボリンジャーバンドへの誤解

ボリンジャーバンドと聞いた瞬間に「逆張りのバンド」と世間ではラベルを貼られています。

ローソクが上下を挟むバンドにタッチをしたら反転サインで逆張りをする、、、というような説明が一般には多いためでしょう。本当にそのような使い方ができるのか、過去のチャートで検証してみましょう。

下の画像はユーロドル日足チャートでボリンジャーバンドの上限にタッチした相場が、そのまま加速して上昇をしていった事例です。

ボリンジャーバンドへのタッチで反転?

矢印で示した部分は、ローソクがボリンジャーバンド上限にタッチしたところです。相場は反転するどころか、上に向かって加速を続けてしまいまいた。逆張りでは使えていませんね。

では本当に使えないツールなのでしょうか?

実はこのボリンジャーバンド、欧米のプロトレーダーが見るチャートには必須のツールとなっています。一定のパラメーターで設定し意思決定ツールの一つとして活用をしているのです。

ところが日本では、ボリンジャーバンドに関して下のような意見をよく耳にします。

  • 逆張りで使ったが、すぐに負けて止めた
  • 設定方法自体が分からない
  • 標準偏差とか難しそう

もう少しトレードを経験した方から聞く懐疑的な意見としては、、、

  • 相場は標準偏差内で収まるような動きはしない。
  • 逆張り手法である以上、レンジ相場でしか使えない

もっともな意見に聞こえますね。

ところがバンド開発の意図を知れば、そうした懸念は全て織り込み済みで開発されたことがわかります。

開発の意図とは、、、

相場は向きを変えるより先に、モメンタムが変化する

ボリンジャーバンドは、このモメンタムが変化する予兆を発見することで、相場が向きを変える予兆を素早く察知するためのツールなのです。

モメンタムとは値動きの大きさのことで、車でいえば加速度だと考えれば近いかもしれません。わかりやすくするために、例え話で考えてみましょう。

次のようなゲームを想像してみてください。

走っている車に加速度を計るセンサーだけ装着して、ドライバーにサーキットを自由に走らせます。そしてあなたは車の走行が見えない部屋に入れられて、その加速度センサーの数値だけをリアルタイムで見ながら、そのデータだけを根拠にして、今、車がサーキット上のどこを走っているかを推測するゲームに参加しています。

ボリンジャーバンドで加速度を計測する1

この加速度計をみても、車が曲がっている方向を知ることはできません。

一方、もしも加速度が最大の値を出したら、車はコース上の一番長いストレートにアクセル全開で突入していると推測できます。逆に同程度の加速と減速が繰り返されているなら、連続ヘアピンを走っているのかもしれません。

そのデータとコースの地図があれば、車が走っている場所を大まかに特定することができるとは思いませんか?

これをチャート分析に応用して、相場の加速度を計測するセンサーとして開発されたのがボリンジャーバンドだと思ってください。

加速度計なので、相場が向かう方向は教えてくれません。それでも、今から相場が直線を駆け抜けるために加速しようとしているのか?迫りくるコーナーに備えて減速を準備しているのかを教えてくれる手がかりを与えてくれます。

相場の加速度を知ることでトレードの選択肢を増やしてみませんか?

値動きより先に変化するモメンタムを捉える

相場が加速・減速するタイミングを知る。

↓ 受講登録に進む

モメンタムから具体的な取引ルールを作れるATRとは?

モメンタムの変化を捉える為に「標準偏差」を使ったのがボリンジャーバンド。それに対して各ローソク毎の大きさそのものを計測していくのが、ATRインジケーターです。

値動き幅の情報だけを抜き出したATRと、ボリンジャーバンドの真の使い方を身につけることで、目に見えない相場の勢い・状況の変化をいち早く捉える武器を手に入れましょう!

外国為替マーケットに特有の弱みとは?。

24時間世界中とインターバンクでトレードできるメリットがある一方、取引所経由の株式相場や先物と比較したときに見える致命的な弱点とは、正確な取引高の情報が存在しないという点です。

ところがMT4には「出来高」を表示する機能があります。下のスクリーンショットがそうですね。

MT4は、どこから取引高のデータを引っ張ってきているのでしょうか?実は「出来高」のヒストグラム、単なるティックをカウントしただけのものなのです。

もちろんティックが多く振れれば取引高が多いことは想像できますが、個人トレーダーの相手はほとんどの場合ブローカーです。彼らがサーバー負荷を削減するためにティック数を圧縮していたらどうなりますか?

仮に残念ながらそうであったとするなら、ではMT4に頼らず取引高の情報を推測する方法はあるのでしょうか?もちろん完璧な回答はありません。もともと取引高の情報自体が無いのですから。

ところがATRインジケーターを活用すれば、ある程度の取引高を推測することができます。少しだけ特殊なパラメーターを入れてやれば良いのです。

さらにATR自体のプライスパターンを分析することで、今まで見えてこなかったバンド・エクスパンションの立ち上がりを、ダマシの可能性を小さいまま見つけることができます。

V2.0の追加講義でATRをあなたのものにしてくださいね。知らないと、確実に損をする情報です!

v2.0追加講義で習得する技術

  • ATR・・・アベレージ・トゥルーレンジの成り立ちを知る
  • ATRで取引高情報を推定するインジケーター設定方法
  • ATRで確実なバンド・エクスパンションを見つける

講義の様子

講義内ではATRをTradingView上で説明しており、インジケーターは全て無料で使えます。MT4インジケーターも副教材として添付しました。

画像はアップル社の株価を事例に出来高とプライスアクションの関係を説明している一場面です。

受講で身につく能力

  • ボリンジャーバンドが作られた本当の意図と背景を知る
  • エクスパンションの始まりと終わりを正確に知る
  • 短い時間足でバンドを使う際の落とし穴と対処方法
  • ダマシの代表的な種類と具体的な対処方法
  • チャートパターンと組み合わせたブレイクアウト・エントリーの事例
  • ローソク形状およびバンドの位置関係から、相場反転の可能性を見つける

この教材は、ボリンジャーバンドの設計意図と正しいパラメーター設定方法を伝え、陥りがちなミスの対処法を分かりやすく説明して活用することを目的としています。またボリンジャーバンドとその他のテクニカル分析手法を組み合わせて活用する事例も習得して頂けます。

値動きより先に変化するモメンタムを捉える

相場が加速・減速するタイミングを知る。

↓ 受講登録に進む

講師プロフィール

佐々木徹(ささきとおる)。米国テクニカルアナリスト協会公認資格CMT検定1級を保持。2014年には米国オンライン教育No.1のUdemyにて日本人初のトップ15講師入り。1,800名を超すUdemy受講生の履修件数は3,500を超える。欧米式のチャート分析方法を紹介する「ココスタ」運営責任者であり、個人トレーダー、起業家、マーケティング・ストラテジストでもある。株式会社ファム代表取締役。

カリキュラム

各セクションごとに講義動画の詳細を説明しています。

セクション1: ボリンジャーバンドをプロが設定する方法

  • イントロ動画 (17:38)
  • イントロで使用したスライドショー (12ページ)

セクション2: ボリンジャーバンドの成り立ち

  • ボリンジャーバンドが生まれた背景 (11:28)

セクション3: ボリンジャーバンドの定義と本質

  • ボラティリティの大小を計測する (12:25)

セクション4: 相場変化の予兆を捉える

  • 慣性の法則と相場との共通点 (05:31)

セクション5: チャート設定(MT4準拠)

  • プロトレーダーが見る基本設定 (07:32)

セクション6: 実戦での使い方

  • 逆張りで使うことの間違い (05:37)
  • 相対的な高値と安値を計測する (09:22)
  • バンド・スクウィーズを使う (15:48)
  • スクウィーズを見つけやすくするバンド設定 (03:00)
  • エクスパンションのダマシを排除するには (18:19)

セクション7: 組み合わせて使う

  • 先行指標のテクニカル分析ツールと組み合わせていく (23:20)

セクション8: 最後に・・・お知らせなど

  • お知らせ (1ページ)
  • 講義で使用したスライドショー一式 (74ページ)

セクション9: 特典Vol.1

  • MT4でボリバンを一発表示するツール (テキスト)
  • ボリンジャーバンドでエントリーする方法1 (07:33)
  • ボリンジャーバンドでエントリーする方法2 (11:10)

セクション10: 特典vol.2 追加インジケーターでボリバンを活用

  • 特典vol2.で使用するインジケーター (テキスト)
  • 【%b】インジケーターをMT4で使ってみる (08:50)
  • 【BandWidth】を使ってみる (08:13)

セクション11: v2.0講義・ATRの活用

  • ボリンジャーバンド・レビュー (06:00)
  • ATRの定義と計算方法 (06:08)
  • ATRインジケーターMT4版 (テキスト)
  • ATRでフォレックス特有の欠落した取引高情報を補う (06:16)
  • ATRブレークで確実なエクスパンションを見つける方法 (14:15)

質問は何度でも無料です

購入した動画で、分かりづらいことなどが出てくるかもしれません。そんな時は何度でも質問OKです。講義内のディスカッションでも結構ですし、直接メールを頂いても結構です。(講義内にコンタクトの場所があります)

相場の加速を捉えるボリンジャーバンドの使い方

¥12,000

・ビットコイン・ライトコインでのお支払は、ブロック承認から10分以内に受講キーが届きます。

・銀行振込でのお支払は、ご入金の確認が取れてから24時間以内に受講キーをお送りさせていただきます。

商品コード: BB310 商品カテゴリー: 商品タグ:

説明

コース概要は、以下のページを参照ください。 http://direct.cocosta.jp/p/bollingerband-fx
お支払いから受講手続きまでの流れ

※ ご注意

当コースは返金保証の対象外となっております。コース内容をできるだけ詳細に記入したカリキュラムや講義内容のプレビューを準備しておりますので、そちらをご検討の上でお申し込み頂ければ幸いです。

受講生コメント

ボリンジャーバンドの真実

佐々木様に感謝の意を表します。 今までのボリンジャーバンドの知識を排除できることで新たな独自手法を見出さる事が出来ると確信できました。 まだまだ学習の途中ですが繰り返し繰り返し入魂していきます。 感謝!

全般、丁寧な作りで聞き取りやすく見やすく、情報がいっぱい詰め込まれているので大変良かったです。 たまに、他の有料ビデオ教材なんかだとうまく編集されておらず見づらかったり、操作にてこずってたり、ダラダラな喋りに「受講して損した(気分)」になったりもしますが、この講習はテンポも良くて「高品質」で「わかり易い」です。

Mirakuru 様

ボリバンの”ダイバージェンス”・・・知らなかった

ボリバンは愛用してますが、講義を見終えて、なんだか3%も使い切れてない、基、愛しきれてなかった感じです。。いや~こいつはスグレモノですね、モメンタム、ダイバージェンスの理解度、深まりました。ATRも同様に使えてなかったのですが、これでスッキリしました!

BUN BUN 様

ボリンジャーバンドの意味、使い方網羅できます

ネット上でボリンジャーバンドに関する情報を見て、理解できたと思っていたのですが、教材にあるいくつかの講座を見てさらに理解が深まったというより、通説のような使い方(タッチで逆張り)以上に見えてくるものがありました。スクイーズの際の・・・を見てみるなど、とても理解が深まります。

Y F 様

Udemy---最先端のオンライン学習システム

当コースは、2015年春からベネッセ社と業務提携を開始した米国Udemy社の公認プログラムです。最先端のオンライン技術を採用する同社システムで学ぶことで、あなたの学習がどのように効率的になるのかをまとめてみました。


ストリーミングで待たずに受講

受講登録が完了したらすぐに講義が始まり、あなたの貴重な時間を無駄にしません。従来型の動画教材のように、面倒なダウンロードや特殊な動画プレーヤーの設定は不要です。


講義はクラウド上に安心保管

購入した講義はクラウド・サーバーに保存されており、手元のパソコン故障でデータが消失することがないので安心です。また高解像度で容量の大きなコースデータの保存も心配ありません。


空き時間を活用して学習

アンドロイド、アップルストアで専用アプリを無料入試してスマホ・タブレットから受講できます。通勤や通学、空き時間に無理なく学習を進めることが可能です。オフライン視聴も可能で飛行機などの環境でも受講を進められます。


充実の学習サポート

最新のクラウド技術と丁寧なサポートの両面から受講生をサポートします。

  • 質問は何度でも回答します

    受講中の不明点はディスカッションやメールを通じて何度でも回数無制限でお答えします。

  • 無限アップデート

    市場は日進月歩。新しく活用できる情報は都度講義に追加し、メールでお知らせします。

  • 印刷できるスライド

    講義で使用するスライドはダウンロード可能なので、印刷して復習したいときに活用いただけます。

  • 配信は米ユーデミー社経由

    オンライン学習の先鋭、米ユーデミー社の多彩な機能が使えます。

  • 空き時間を活用

    タブレットやスマートフォンからも視聴できるので、ちょっとした空き時間に無理なく学習を進められます。

  • ディスカッション

    受講生同士でアイディアや知恵をシェアできるディスカッション機能も充実しています。

特典「TradingView使い方」コース付き

無料で高機能なシステムの登録方法から、具体的なチャート分析ツールの使い方までを分かりやすくまとめた60分の講義を作成しております。 弊社にて購入いただきました方には、当コースを無料でお付けしております。 ※ ユーデミーの割引クーポン購入は対象外となります。

コース限定の貴重なリソース

Q & A と 知識ベース

これまでに受講生から寄せられた質問と、その回答は全て講義の中にあります。ディスカッションを検索することで、あなたが疑問に思うことも解決できるかもしれません。もし解決できない時には遠慮なく講師に質問してください。タイムリーに回答をしていきます。

 

高解像度な動画レクチャー

講義によっては全画面チャートを使って説明することが必要な場合があります。そうしたときでもHD高解像度動画の再生が可能ですので、チャート上の小さな数字まで隈なく見て知識にすることができます!

充実の学習サポート

最新のクラウド技術と丁寧なサポートの両面から受講生をサポートします。

  • 質問は何度でも回答します

    受講中の不明点はディスカッションやメールを通じて何度でも回数無制限でお答えします。

  • 無限アップデート

    市場は日進月歩。新しく活用できる情報は都度講義に追加し、メールでお知らせします。

  • 印刷できるスライド

    講義で使用するスライドはダウンロード可能なので、印刷して復習したいときに活用いただけます。

  • 配信は米ユーデミー社経由

    オンライン学習の先鋭、米ユーデミー社の多彩な機能が使えます。

  • 空き時間を活用

    タブレットやスマートフォンからも視聴できるので、ちょっとした空き時間に無理なく学習を進められます。

  • ディスカッション

    受講生同士でアイディアや知恵をシェアできるディスカッション機能も充実しています。

最後に・・・進化するコース

当コースの内容は講義が常に充実し、新しい情報が受講生の方に届くよう講義を都度で追加しております。また受講生から届いた質問は、できるだけ講義の形を取り全ての受講生と共有できるよう追加の配信をしており、コンテンツの追加を行う都度、販売価格は改定をさせていただいております。

本日受講を開始された方は、コース価格が改定された後でも追加の費用は必要ありません。講義にはいつでもアクセス可能で、新たに追加される最新レクチャーも全て受講していただけます。

最後になりますが、当コースがあなたのトレーディング人生を変える一助となれれば、これ以上の幸せはありません。あなたと講義でお会いできることを、心より楽しみにしております。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

値動きより先に変化するモメンタムを捉える

相場が加速・減速するタイミングを知る。

↑ 受講登録に進む